投資信託が売れるようになった経緯

投資信託は、銀行や証券会社、保険会社、郵便局などで販売しています。

現在は株のオンライン取引がメインになっていますので、株式売買に関わる手数料は値下げ傾向にあります。

このようなことが当たり前になった今の社会では、年々、株式売買に関わる手数料が低下しており、金融機関は株の売買手数料ではほとんど儲からなくなってきています。

ですので最近は、株の売買手数料よりも投資信託の購入手数料の方が割りがいいといえるでしょう。断然利益率が高いので、金融機関は投資信託の販売に力を入れています。

投資信託の商品購入手数料は、高いものでは購入金額の3%、通常でも1%前後の手数料が販売会社に入ります。

収益は購入額が増えるにつれ積み重なっていきます。

また、投資家からの預かり資産の一部を、投資家がファンドを購入して保有し続ける間は、金融機関側の報酬として受け取ることができます。

販売会社や運用会社は信託報酬という名目でこれを受け取っています。

信託報酬からも十分な利益が見込めます。

プラスマイナスゼロの運用成績であっても、信託報酬は結果的に発生し、ファンドの純資産から日々引かれます。

極端に言えばですが、運用者側は何もしなくても儲けられるのです。

集めるだけ集めていれば儲かることになります。

集めれば集めただけ利益が増えることになるので、たくさんの投資家に投資信託を買ってもらうことが彼らの仕事になります。

株式での売買手数料より購入手数料や信託報酬があるため、販売側にとっては割がいいのです。





Filed under: 投資信託・ファンド — 6:46:00

投資信託にはたくさんの魅力があります。

投資信託の魅力はたくさんありますが、まず、手軽に始められるということがあります。

1万円からでも始められ、少額投資で投資ができるというのは、一般的な株式投資や再債券投資なんかですと、ある程度の資金も必要になりますから、非常に嬉しいポイントじゃないでしょうか。それから、運用をはプロの手を借りてしますので、素人である自分で投資をするよりも運用成績が期待できるという点は、投資信託を購入することの大きなメリットであると思います。

株や債券、その他の金融派生商品に対しても、個人では難しいところを、プロの専門家が運用を行いますので安心感がありますし、やはり頼りになるのは専門家の分析力ですね。投資信託という金融商品は、運用状況や資産状況など、あらゆる情報の透明性が高く、安全でもあります。

行政の厳正な管理下で成り立っているというのは非常に大きなポイントです。

あと、これは横着な方には嬉しいのですが、基本、ほったらかしにできます。

一度だけ申し込みを済ませればいいというような気楽さがあります。

運用状況は、定期的な報告書を受けながら見守ることができますので、月に1度とか、3ヶ月に一度など、決算月ごとに確認をすればいいのです。

また、投資信託を通じて、個人では購入できる仕組みがなかったりするものに対しても、投資が可能になるというメリットもあります。

情報が取りにくかったりする投資対象というのもあると思いますが、複数の投資家の資金と合算して考えることで、今までできなかった投資ができるようになります。

多種多様な分野に分散して投資ができるようになりますので、資産運用の可能性は広がっていきます。

自分の資産規模では限られた分野、限られた数にしか投資できません。新興国への投資なども、一定のボリュームメリットがあるからこそできると思います。

普通だったら手間だったり、不可能だったりして、自分自身ではなかなかできない新興国への投資などは、興味はあったけど今までできなかったという人にとっては、すごく魅力的だと思います。

投資信託のランキングを掲載しているサイトというのも結構あるのでそういったサイトを見ているとその時流でパフォーマンスの高い投資信託が分かります。





Filed under: 投資信託・ファンド — 6:46:00

リスクを減らしたい!

リスクを減らしたければ、投資対象を複数に分散することです。

投資のタイミングや、投資金額を変えたりすることによって、できる限りの安定に努めるようにしてください。不動産ですとか、商品先物、株、それ以外にも為替、デリバティブなどもありますが、とにかく分散を促進させて、複数の投資を行うようにしましょう。安全度を増すためには、投資する際に、様々な種類のそれぞれが関連性のない分野に投資をするのが有効です。

また、安全性を高める上でより好ましいといえるのは、長期投資をすることです。

ドルコスト平均法という投資方法があります。

ある金融商品に対して、定額で定期的に継続して購入していく方法で、時期をずらしながら買うのが特徴です。

あるインデックスに投資する場合、一度に10万円ずつ買います。

計10回買うとして、100万円を一度に全額購入せずに、このように一定金額を投資し続けます。

インデックスの価格が下がれば、その分口数を上乗せして購入すればいいですし、最初に購入した時よりもインデックス価格が高くなった場合は、購入口数を減らせばいいのです。

中長期的にみると平均の購入コストを継続購入によって引き下げられますし、リスクが軽減します。

全額投資せずに何回かに分けて投資するということで、全体的に効率の良い買い方になりますし、分散しながら買うことになりますのでコストが下がるというわけですね。



Filed under: 投資信託・ファンド — 6:46:00

運用成績とベンチマーク

投資信託の運用成績は、運用報告書をみて確認します。

これをみていく時にどれくらいの利益が出たかというのは、市場の平均と比較してみていくことになります。

ここで役立つのがベンチマークです。

ベンチマークと呼ばれるのは、平均に比べてどれぐらいの利益が出たかという基準値のことです。

このときは基準価額の推移だけ見るのではなくて、投資信託の運用成績を判断する上では、ベンチマークに対してどのように基準価額が推移しているのか・・・、というところをみていかなければなりません。最低でも基準とするベンチマークは2、3年分の成績をみていきましょう。ベンチマークに何を持ってくるかというのは、運用会社によって変わるので、そこは確認をしておかなければなりません。どの指数をベンチマークとするかは目論見書で確認できますし、運用報告書でも確認できます。

ベンチマークという形ではなくて、参考指数としてあげてる会社もあります。

市場ですとか、有価証券の種類や投資対象とするものによって、ベンチマークはそれぞれ異なります。

国内の上場株式を投資対象としている場合、多く利用されるベンチマークとしては、日経平均株価やTOPIXなどがありますね。海外株式の場合は、各種インデックスなどで多く利用されるものとして、各国の代表的な株価指数やMSCIがあります。

出典:投資信託のWEBサイト

 

Filed under: 投資信託・ファンド — 6:46:00

信託報酬って何ですか?

ファンドの信託財産から日々引かれる費用があります。

信託報酬という名目で引かれている運用管理費用とです。

これはファンドの運用中に間接的に投資家が支払う費用で、この信託報酬は、運営会社と販売会社、そして信託銀行の3者に振り分けられることになります。

手数料や費用については投資信託を購入すると払うことになりますし、様々な名目で引かれることになりますので注意をしておかなければなりません。取り決めによっては、換金時手数料や信託財産留保額というのもかかる場合があります。

確認するときに細かい費用については目論見書に書かれていますので、どのような負担をするか、そして、いくらぐらいのコストが発生するのか…、というのは確認をしておかなければなりません。投資家は販売会社に対して、販売手数料を支払うだけではないということは認識しておかなければなりません。



Filed under: 投資信託・ファンド — 6:46:00